マツダのおはなし

車の下取りと買取についての話

MENU

マツダで新車購入

マツダで新車購入の場合、今乗っているデミオの下取りをディーラーへ依頼するというやり方もありますよね。実際には、ディーラーに下取りしてもらうとなると、本当は損になることが多いはずです。ディーラーの主な販売は新車ですので、下取りの価格を高くしてしまうと、それだけ利益が減るということになります。

 

車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですが査定を受けること自体に支障はないのですが、車検を通っていない車は公道走行は不可能ですから、出張査定を受けることになります。お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、いっそ車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。

 

出張査定の場合でも、より高い査定額を狙うために一社でなくいくつかの業者に頼むのが少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。車を手放す際に買取と下取りを選ぶなら、売値を高くしたいのなら買取です。下取りは買取よりも安価に売ることになる可能性が高いです。下取りの場合には評価されない点が買取においてはプラスになることも多いです。

 

特に事故を起こしたことのある車を売る際は、下取りの場合非常に低評価となり、廃車費用を請求される場合もあります。買取業者の査定を控えた時点で、車体についた傷をどうしたらいいか判断に迷うこともあるでしょう。これは傷の大きさによります。小さくて自分で直せそうなら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、別に修理に出さなくても問題ないです。

 

理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても修理にかかるお金の方が間違いなく高くつくからで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のまま査定員に見てもらうのが正しいです。車査定は中古車市場の人気や流行に大きく影響されるので、人気のある車種であればあるほど高値で売却することができます。そこへ持ってきて、良い部分をどんどんと足していく査定方法を導入していることも多く、高い価格で売ることができる目処が高いです。そういったことで、下取りよりも車査定業者を利用した方が得だといえます。