車の下取りと買取についての話

MENU

車を手放す際に

車を手放す際に買取と下取りのどちらを選択すべきかというと、高く売りたいなら買取です。下取りを選択した場合は買取よりも安い値段で手放さざるを得なくなるでしょう。下取りでは評価されない部分が買取においてはプラスになることも多いです。特に事故を起こしたことのある車を売る際は、下取りだと非常に低評価となり、廃車費用を請求される場合もあります。当たり前のことですが車の査定額というのは買取業者によって変わります。相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

 


そんなことのないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを集めて大体の相場を知る手掛かりにするとよいです。ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と買取業者が車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、そこは気を付けておきましょう。極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、相場より下の査定額をつける所謂悪徳業者もいるのが現実です。車の買取を一括で査定するには、インターネットで複数の車買取業者にまとめて査定を依頼可能なサービスです。一社一社に査定を依頼する場合、かなり時間がかかってしまいますが、車の買取の一括査定を使えば、ほんの数分だけで複数の買取業者に依頼可能です。

 

利用しないよりも利用した方がいいので、車を売ろうとする時は一括査定するようにしましょう。車の売却、その査定を考え始めたら、大変便利に使えるのが一括査定サイトです。でもこれを申し込むことで、買取業者からの営業電話がひんぱんに入るようになりメールの案内もたくさん来ることを知っておきましょう。対処法としては着信拒否機能を使えるように電話番号は携帯のものだけを書き込んでおき、捨てアドレスを取得してメール欄はそれで埋めておきましょう。併せて覚えておきたいのは、ネットではない実物の車を査定する時でもいくつかの業者を使うのが査定額アップの鍵になるでしょう。

 

一般的に車を査定してもらう流れは、最初にネット等で一括査定を申し込みます。中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表れますので、その中で、査定額が高い業者や信頼することができそうな業者に自分の車をみてもらい、査定をしてもらいます。査定の結果が満足できるものだった場合、契約をし、車を売ります。代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多くあります。インターネットを利用して、車の査定の大体の相場が分かります。中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、車買取価格のおおよその相場が分かります。相場を理解していれば、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、予めよく確認をしましょう。

 

しかし、車の状態によって変わってしまうので、必ずしも相場のままの価格で売れるとは限りません。自動車の査定を頼む時は、スタッドレスタイヤを装着した状態ではなく、標準タイヤにしておいた方がお勧めです。一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となる要因です。使用状態が良い場合は車と一緒にスタッドレスタイヤも買い取ってくれる場合もありますが、走り過ぎて溝がすり減っていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。こちらから出張買取をお願いしたとしても、絶対に車を売却することはしなくてよいのです。買取価格に満足いかなければ断ることも可能です。車買取業者の中には、車を売るまで居座ったり、出張費用や査定費用などを要求してくるところもあるので、注意を怠らないでください。あらかじめ口コミを確認してから出張買取をお願いするといいでしょう。